• 建築現場
  • デザイン画

一人前になるまで

計測する

専門学校での勉強は、短くても2年、長くても4年かかる。その後、さらなる知識を得るために別の学校へ編入する道、経験を積むために実際に現場に出る道、様々存在する。
そのどちらの道も大いに正解である。
一流の建築家となるためには、少なくとも10年から15年かかると言われている。
それほどの経験や知識を得る事が出来なければ、一流として名乗り上げる事が出来ないのである。

さらに、現場に出て数々の経験を得たとしても、勉強には終わりが存在しない。
新たな建築技術や建築素材が現れ、それらをどのように使用するべきかという知識を身に付けていく必要が存在するのである。 (さらに…)

学校の幅広さ

建築現場

専門学校には、様々な種類が存在している。
さらに、その規模も様々な物があるため、自分の能力を最大限伸ばしてくれる環境を選ぶ事が大事である。

専門学校は全国各地に点在している。自分の住んでいる地域に近い所を選ぶのもよし、あえて離れてみるのも良いだろう。
特に東京には、建築家育成施設が数多く存在しており、それらのレベルもとても高い。
まさに一流となるにはうってつけの環境といえるだろう。 (さらに…)

家だけでは無い

コンクリート壁

建築家が担当する案件には、個人宅の設計だけではない。
公共機関の建物や道、橋、公園を設計し、建造する仕事が舞い込む可能性もあるのである。

個人宅と違い、不特定多数の人々が使用する上に機能的に妥協が許されず、デザイン面でも力を抜くことは許されない事業である。
この土地のこの部分には、どのような機能とどのようなデザインがふさわしいかをしっかり考え形にし、クライアントに満足してもらう物にしなければならない。
個人宅の建築とはまた別の方向に難しい物になってくる。 (さらに…)

客の満足度

デザイナー

客の満足度を得ることが、建築家にとって最重要課題である。
デザイン面で心を掴み、機能的にも満足の行く家を作ることこそが建築家の本分である。決して自分の考えだけを押し付けたものを客に売りつけてはならない。
住んでいる人の笑顔が、建築家にとっての最大の給与であると考えるべきなのだ。

客の要望と、今後どのようにしていきたいか、という部分を完璧に形にする想像力は、建築家にとって必須項目である。
客のライフスタイルや趣味、趣向、これまで歩んできた道のりをしっかり把握し、要望と混ぜあわせ、自分の技術と知識をフルに使用して形にする部分が、建築に置いて最も魅力のある部分であるだろうと言える。 (さらに…)

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031